当事務所では、労務トラブルの予防策若しくは労務トラブルの解決策等のために様々な研修・セミナーを行っております。

 当事務所の強みである裁判になったらどの程度の企業ダメージがあるのかなど裁判実務を踏まえた具体的かつ現実的なアドバイスを含んだ研修を提供しております。

 

 下記研修はあくまで一例にすぎませんので、内容、金額についてはご相談頂ければ、柔軟に対応いたしますので、是非一度ご相談頂ければ幸甚です。


顧問先特典!はまゆう人事労務セミナー

 当事務所は、平成28年から3か月~4か月に一度、事業主にとって必要な法的知識を得ていただくために、宮崎はまゆう法律事務所及び宮崎はまゆう社労士事務所所属の弁護士又は社会保険労務士によるセミナーを開催することに致しました。顧問会社は無料で何名様でも受講できます。

 詳しくは、こちらへ

第1回 はまゆう人事労務セミナー開催報告

 平成28年4月20日に、第1回はまゆう人事労務セミナーが開催されました。

 セミナーの様子は、こちらをご覧下さい。


これでわかった!個人情報保護法対策研修

 個人情報保護委員会が発行しているガイドラインとQAを使って、誰でも理解できる研修を実施しています。

 小規模の事業者も、個人上保護の安全管理措置の実施が求められることになりました。例えば、個人データの取得・利用・保守等を行う場合の基本的な取扱方法や責任者、個人データの取扱者を明確にする必要があります。

 そこで、個人情報保護委員会が発行しているガイドラインやQAを使って、だれでも理解できるセミナーを実施しています。

 ご興味のある事業所は、お問い合わせください。

【90分:5万円(税抜き)~】

【2時間:7万円(税抜き)~】

 

 ガイドライン等の詳細は、こちらへ


限界を知りたい!三大ハラスメント限界事例&防止研修

【特徴】

 セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティーハラスメントを三大ハラスメントと位置づけ、ハラスメントの内容はもちろんのこと、限界とその予防策を御社の従業員の声を踏まえた研修を行っております。

 研修は、①ハラスメントの具体的内容を「知る」こと、②ハラスメント研修による「教育」を徹底すること、③ハラスメント発生時は「迅速に対応」すること、④ハラスメント被害者の「心情に配慮」することの四つの基本を身につけて頂くことを目標としています。

 もちろん、具体的に問題となった裁判例を通じた研修を行いますので、具体的な限界事例のイメージをお持ち頂けます。

【セミナー内容】

1 研修(90分又は60分)

(1)講義

 ①三大ハラスメンとは何か(定義・行為類型)

 ②三大ハラスメントが与える従業員への影響

 ③三大ハラスメントの行為者の責任

 ④特に、パワハラと業務上の指導との違いやセクハラ、マタハラの限界事例を学んでいただきます。

 ⑤三大ハラスメントの予防方法

 ⑥三大ハラスメントに関する御社のルール(規定、相談窓口など)

(2)グループ討論(60分の研修の場合には実施いたしません。)

  具体的な事例について、従業員の皆様に考え討論していただくことでパワハラ等に関する理解を深めていただきます。

(3)チェックテスト(60分の研修の場合には実施いたしません。)

  講義で学んでいただいたことが習得できているかを確認致します。

2 社内アンケートの実施・アンケート報告書作成

職場のハラスメント防止対策を効果的に進められることを目的としています。

(1)アンケートの実施時期

  社内研修実施前か直後に行います。

(2)アンケートの実施方法・報告書の作成

  ①アンケートは、従業員全員を対象に匿名で行います。アンケート用紙は、御社では開封できない鍵付きのポストにご提出いただきます。

  ②アンケート結果をもとに現状を報告書にまとめます(通常1~2週間)。

  ③アンケート結果・報告書を活用し、改善策をご提案致します。

 

 詳しくは、ブログでご紹介しています。

3 ハラスメント関連の就業規則の規程についてのご提案

御社のご要望により、御社の就業規則を確認させていただいたうえで、ハラスメント関連についての就業規則の規程についてご提案を致します。

 

4 経営者による「ハラスメント撲滅宣言書」の作成

 御社のご要望により「ハラスメント撲滅宣言書」の作成をお手伝いいたします。当該宣言により、ハラスメントが、全従業員が取り組む重要な会社の課題であることを企業のトップから明確に発信することができます。

【特徴】従業員へのアンケート及びその報告も研修に含まれています。

ダウンロード
当事務所の三大ハラスメント研修の特徴のひとつに、従業員へのアンケートを実施し、その結果を事業主に報告するサービスがあります。このアンケートは、事業主に閲覧・複写等をさせない契約になっておりますので、従業員も安心して回答をすることができ、その結果、事業主は、現在の自社のハラスメント状況を知ることができます。
三大ハラスメントアンケート一部.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB
ダウンロード
三大ハラスメントアンケート調査結果一部.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

*相談窓口担当者向けの研修も行っております。

【実施期間】

1か月弱(1~4までの全てを実施した場合の期間)

【料金】

・90分5万円(税抜き)(ただし、参加者25名まで。5名増加ごとに2000円追加)

・60分4万円(税抜き)(ただし、参加者25名まで。5名増加ごとに2000円追加)


メンタルヘルス研修

 管理職と一般従業員とでは、メンタルヘルスケアにおいて求められる役割が異なるため、研修は両者を分けて実施しています。


1 管理者向けメンタルヘルス研修

【特徴】

管理職の場合、自身のセルフケアに加えて、部下の心の健康を守ることも求められます(これを「ラインケア」といいます)。管理職向けの研修では、ストレス・メンタルヘルスに関する基礎知識を学んでいただいた後、部下への対応方法を学んでいただきます。

【具体的内容】

①メンタルヘルスにおける管理職の役割論

②ストレス・メンタルヘルスに関する基礎知識の学習

③御社の職場環境をセルフチェックしていただいた上で、その改善策を学びます

④部下のストレスへの気づきとその対応の仕方

⑤部下からの相談についてどう対応すべきか

⑥メンタルヘルス不調の復職者へどう支援していくべきか

【実施時間】

・2時間

【料金】

・5万円(税抜き)

 

2 一般従業員向けメンタルヘルス研修

【特徴】

自分自身の健康は自分で守るというセルフケアの考え方に基づいて、ストレス・メンタルヘルスに関する基礎知識を学んでいただいた後、ストレスへの気づき・対処法を身に付けていただきます。

【具体的内容】

①メンタルヘルスの現状(厚生労働省のデータ等をもとにメンタルヘルスに関する現況を認識します)

②ストレス・メンタルヘルスに関する基礎知識の学習

③ストレスへの気づき方(「職業性ストレス簡易調査票」の体験をします)

④ストレスへの対処・軽減方法(リラックス法などを実践します)

【実施時間】

・1時間~2時間

【料金】

・参加人数10名未満 1万円(税抜き)~

・参加人数10名以上50人未満 2万5千円(税抜き)~

・参加人数50名以上100名未満 5万円(税抜き)~


就業規則チェックセミナー

【具体的内容】

①ハラスメント・メンタルヘルス

②賃金・退職金

③労働時間

④年次有給休暇・育児休業・介護休業

⑤定年・退職・解雇

⑥無期労働契約への転換

等について、最新の法改正をふまえながら、就業規則のチェックを行うのみならず、トラブル防止のために事業主としてどのようなことに気を付けるべきかという点についてアドバイスも行います。

【料金】

・5万円(税抜き)


その他

企業様のご要望に添った各種セミナーを実施させて頂いております。