経営者の皆様へ

社労士事務所とは?

 労働社会保険関係の法令に基づく労務管理、労働社会保険に関し専門的に扱う事務所で、企業経営の要となる「人」に関することのエキスパートです。

 そのため、事業主が法令を知らないで損をしたり、誤った認識が原因で従業員の事故につながらないように、「人」に関する企業活動を幅広くサポート致します。

社労士による代行業務とは?

社会保険労務士は、相談、アドバイスのほかに、企業経営者にとって、煩雑な事務を代行致します。例えば、毎年7月10日までに行なわければならない「労働保険の年度更新事務」、毎年7月に行う必要のある社会保険の算定業務の代行など、忙しい企業経営者に変わり代行します。これにより、専門事務スタッフの削減など経営効率を向上できます。



宮崎はまゆう社労士事務所は、こんな事務所です!!

1 顧問契約によって、労務管理業務の代行・人事コンサルタント業務を行います

 労働保険や社会保険の手続代行や給与計算の代行を従業員の人数により顧問契約により毎月、確実に迅速に行います。

 現代の労使間では、入社から退社まで多数の書面のやり取りを行います。この書面も法令を遵守したものでないと後日労使間でのトラブルの元になりかねません。しかし、多忙な経営者の方が、法令を遵守した書面を一から作るということは非常にむずかしいことです。そこで、労務管理に関する法令のエキスパートである社会保険労務士が、書面を作成しご提供します。

2 労務管理のご提案・ご相談に応じます

 様々な労務管理のご提案、ご相談にも対応します。例えばその企業に合ったった、就業規則などの作成から、労働時間などの短縮、各種雇用制度、各種助成金の活用、従業員教育、労働安全衛生など具体的な相談に対応いたします。

3 万一の法的トラブルの解決・裁判にも応じます

 当事務所は弁護士も所属していますので、万が一の法的トラブルの解決・裁判まで、あらゆる法的な事案について対応可能です。

 しかも、社労士顧問契約を締結をしている事業主様につきましては、通常より割安な料金で弁護士顧問契約を締結させて頂きます。その場合には、法的トラブルに対して迅速に対応することはもちろんのこと、通常の場合よりも割安にて事件の受任を承ります。

4 経営者様から従業員まで会社全体をサポートいたします

 弁護士顧問契約を締結頂いた場合には、従業員の借金整理、交通事故や離婚などのプライベートな相談にも応じることが出来ます。弁護士との顧問契約を従業員の福利厚生の一貫として利用することも考えられます。

 このように当事務所は、経営者様から従業員まで会社全体を全力でサポート致します。