フルサポートにより中小企業の利益を守りたい。

それが私たちの事務所理念です。

 この度は、数ある社労士事務所のホームページの中から、当事務所のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 「気軽に」なんでも聞けなければ顧問契約を締結している意味がありません。

 「迅速に」対応してくれなけれが顧問契約を締結している意味がありません。

 「親身に」答えてくれなければ顧問契約を締結している意味がありません。

 「高品質な」リーガルサービスでなければ顧問契約を締結している意味がありません。

 当事務所は、顧問契約を締結して頂いている事業主様に無意味な思いをさせないことをお約束します。

 また、私たちは、法律家であると同時に、経営アドバイザーとして、中小企業の利益を守りたいと考えています。

 

 日常的な社会保険の業務委託や労務上の法律相談はもちろんのこと、万一の時の法的トラブルの対応まで、御社の実情に沿った幅広いサポートを致します。

 当事務所の業務の範囲等に関するご相談は、無料でお伺いしております。

 お気軽にご連絡下さい。


弁護士・社会保険労務士 梶永 圭(かじなが けい)

    略歴

平成20年 弁護士登録

      弁護士法人北千住パブリック法律事務所入所

平成22年 壱岐ひまわり基金法律事務所 開設

平成24年 宮崎はまゆう法律事務所 開設

      社会保険労務士登録

平成27年 宮崎はまゆう社労士事務所を分離

 私の両親とも宮崎県出身で、私も宮崎市の昭和町で生まれ,小学生の頃まで都城市で過ごしました。東京で弁護士をした後、長崎県にある壱岐の島という離島に渡り、壱岐ひまわり基金法律事務所書として開設・運営をしていました。

 壱岐ひまわり基金法律事務所所長の任期が終了したことにより、平成24年5月、地元宮崎で宮崎はまゆう法律事務所を開設するに至り、弁護士及び社会保険労務士として幅広いリーガルサービスの提供に邁進して参りました。

 平成28年1月、社会保険労務士業務のさらなる拡充のために、宮崎はまゆう法律事務所から宮崎はまゆう社労士事務所を分離し、法人化いたしました。

 今まで以上に、法律家であると同時に、経営アドバイザーとして、中小企業の利益を守りたいと考えています。変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 *ひまわり基金法律事務所とは、弁護士がいない又は少ない地域に日本弁護士連合会等の援助により設置される公設事務所のことをいい、原則として2年から3年間を任期として弁護士が派遣されます。 


社会保険労務士 濱田 英彰(はまだ ひであき)

    略歴

平成15年 行政書士試験合格

平成24年 個人情報保護士試験合格

平成26年 社会保険労務士試験合格

平成27年 宮崎県社会保険労務士会登録

平成27年 メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅱ種合格

平成28年 メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅰ種合格       

【自己紹介】

 社会保険労務士の濱田 英彰と申します。

 出身は鹿児島で、大学進学のため上京し、大学卒業後は専門学校で講師をしておりました。難しい言葉・考えをわかりやすく話をすること、授業を受けていただいる方一人一人の満足を得るためにどうすべきかを考え、仕事に注力していました。

 趣味は、スポーツ観戦です。野球、サッカー、ゴルフなどスポーツはどの競技を観戦するのも好きです。最近では、Jリーグを目指して活動している「テゲバジャーロ宮崎」のオフィシャルサポーターとなり、チームを応援をしています。

 また、お酒を飲むのも好きです。これまでは、鹿児島出身ということもあり、鹿児島の芋焼酎を飲むことが多かったのですが、宮崎に住むようになり、居酒屋などに行くと必ず宮崎の焼酎を飲むようにしています。お店に行って、自分の知らない銘柄の宮崎の芋焼酎を飲むのが、一つの楽しみになっています。

 

 【社労士という仕事への思い】

 私の父は小さな会社を経営しています。会社は自宅近くにありましたので、幼少期から、父の働く姿をずっと見てきました。また、母も父の仕事を手伝っていました。もちろん、経営はいつも順風満帆というわけではなく、大変な時期も多くあったと思います。そういった中で、何か父母の力になることができないかという思いをずっと持っていました。

 そのようなときに出会った資格が、社会保険労務士でした。中小企業の人事・労務管理に関するお手伝いができるのが、社会保険労務士という資格です。私は、少しでも父母のような中小企業の経営者のお役に立ちたいという思いで、社会保険労務士という資格を取得しました。

 社会保険や人事労務管理、助成金に関することでお困りの中小企業の事業主様もいらっしゃると思います。特に近年は、労働関係・社会保険に関する法律の改正が頻繁に行われており、知らないうちに会社としてやるべきことが増えていたということも多々ございます。もし、お困りのことがあった際には、そのお手伝いをさせていただけますと幸いです。

 

【力を入れていること】

■助成金申請

 助成金を利用することによって職場環境の向上を図ることを目指しています。それが、ひいては、従業員の離職を防ぎ、会社の利益につながると考えるからです。事業主様とともに、その会社の利益につながる提案をすることに徹しています。また、事業主様向けに、毎年、最新の助成金情報をお伝えしております。

 

■メンタルヘルス対策~メンタルヘルス・マネジメント試験Ⅰ種取得者の立場から

 2015年12月1日より、常時雇用する従業員が50人以上の事業場には従業員に対する「ストレスチェック」の実施が義務づけられました。また、メンタルヘルス対策は、経営者、管理職、一般社員すべての方々が、それぞれの立場で考え、実践すべきものです。メンタルヘルス・マネジメント試験Ⅰ種(マスターコース)取得者の立場から、より良い職場づくりのお手伝いができればと考えています。

 

■マイナンバー等の情報管理対策~個人情報保護士取得者の立場から

 マイナンバーを含め、近年は個人情報の保護に関して規制の強化がなされています。それにも かかわらず、個人情報の漏えい等のニュースは後を絶ちません。マイナンバーを含めた個人情報の管理についてどういう点に気を付ければよいかについてのアドバイスはお任せください。